家族の日記

2歳の娘と主人と私の3人家族です。

ヤンキー?な子どもたち

2歳の娘がいるので昔より周りの子どもが目に入るようになりました。

その日常で思ったことです。
5歳くらいの女の子がお母さんと一緒に髪の毛を染め、プリン頭になっていました。

たしかに女の子はおませさんなのでお母さんの真似をしたがります。
うちの娘だってそう。

でも、真似をさせていい限度ってないのでしょうか。

他にも、3歳くらいの男の子が周りの子に対して「お前」と呼ぶこと。
きっとお家でお父さんお母さんから覚えてしまったり保育園や幼稚園で覚えてくるのでしょう。

でも、それって何も感じないのでしょうか。

親の顔を見てみたいとこんなに思ったことはありません。

子どもはあくまでも子ども。
大人と全て同じにすることを許してしまうと誰が躾けるんでしょうか。

コメントは受け付けていません。

ビックリする親と子ども

先日、2歳の娘と一緒によく利用する衣料品店へ行きました。
そこには衣料品店には珍しい絨毯が敷いてあるプレイスペースがあるんです。
滑り台もあり、小さい子には大人気の場所です。
そこには小学生のような子も買い物に来た時に遊んでいます。
歳の離れた子ども同士が一緒に遊ぶのは遊んでくれる小さい子にとって嬉しさいっぱいです。

そこで目撃したビックリする親と子どもの話です。
あくまでもプレイスペースは
陳列された商品が周りにある中に少し作られた場所なので周りは商品が並んでいます。
その商品に何度も設置されているボールが当たっているにも関わらず
ボールを投げ合う男の子が居たのです。
しかも、その子のお父さんは見えるところで見ていながらも注意しません。

本当にビックリしました。

いけないことをわかっていない親子….かなり居ませんか?

コメントは受け付けていません。