家族の日記

2歳の娘と主人と私の3人家族です。

懐かしいと感じた音。

私が生まれ育った場所は、
とにかく田んぼや芝畑がたくさんある場所で都会か田舎かと言ったら田舎な場所で育ちました。

主人も同じような環境下で育ち、自宅前からは建物1つない場所に高速道路が見える場所で、
いわゆる「何もない場所」育ちです。

そんな二人が出会い、結婚しました。
主人は転勤がある仕事のため、
今の住む地域は住み慣れた田舎のような場所とはかけ離れた都会にいます。

田んぼもなければ、お店や家が建て並ぶ場所。
その環境下になって2年。

久々に聞いた音がありました。
それは…「蛙の鳴き声」です。
雨が上がり陽が射してきた時にたまたま窓を開けたんです。
するとそこからゲロゲロゲロ。

昔は散々聞いた鳴き声も都会で住むと新鮮な気持ちになるんですね。

コメントは受け付けていません。

日記を書くことの難しさ

現在受けている研修プログラムの一環で、毎日寝る前に日記を書いています。

今日の出来事を振り返り丁寧な字で書く。
たったそれだけのことなのに、なかなかどうして難しいのです。

まず、字が上手く書けない。これには本当に驚きました。
文字を書くことが極端に減った今となっては、ペンを持って長く文章を書けないのです。
変なところに力が入ってしまってすぐに疲れてしまうんですよね。
約一か月書き続けてなんとか書けるようになりつつありますが、
何かしら文字を書く癖をつけたいと思う出来事でした。

それから、1日に起こったことを忘れてしまう。これもあるあるです。
日記にはテーマが設けられており、そのテーマに関する内容を毎日書いています。
例えば、「今日感動したこと」というテーマだと、強烈な出来事以外は記憶に残っていないんです。
そのつど書き留めるなりしないといけませんね。

そんなわけで、日記を書くことは脳のトレーニングにもなることを実感している今日この頃です。

コメントは受け付けていません。